遠隔ヒーリング

遠隔ヒーリングとは、目の前にいるクライアントに対して施術をするのと異なり、遠方にいるクライアントに対して気を送り治癒に導く療法のことをいいます。

気は時空を超越して作用する性質がありますので、常識的には一見ありえないようなこともできます。
気を送ると同時に、クライアントの邪気(マイナスエネルギー)も抜いていきます。

そのエネルギー状態は術者の手に伝わってきますので、遠方にいながらにして症状の状態についておおよそ把握することができます。

遠隔ヒーリング

僧侶が行う加持祈祷も遠隔ヒーリングと同じようなものです。
また、祈りというのもある種同じものであるといえるでしょう。

遠隔ヒーリングはこのサロンで実施いたします。

クライアントのいる場所はどこでも大丈夫です。
極端な話、地球の裏側でも全く問題ありません。
(地球の裏側はさすがにやったことはありませんが・・・、要するに距離は関係ないということです。)

遠隔ヒーリングというと、ここからクライアントのところに気が飛んでいくと思いがちですが、どうやらそうではないようです。

詳細を説明するとこの世の成り立ちまで話が及んでしまいますので簡単に説明しますが、元々気というのは別次元のエネルギーであり、私が気を送ろうとクライアントを意識するとその瞬間に気がクライアントのところで発生しているのです。

私たちが生きているこの場は3次元という限定された世界であり、実際の世界はもっと多層的な次元から成っているようで、知らないこと、究明されていないことは山ほどあるのです。
気のエネルギーはその未知の世界のわずかな片鱗にすぎません。

遠隔でのヒーリングを受ける方へ

ヒーリングを受ける時間帯は、出来るだけリラックス出来る様にしていてください。ヒーリングにより、強烈な眠気が来ることもありますので、車の運転中は避けた方が良いかもしれません。

ヒーリング中にトイレに行きたくなったら我慢しなくて大丈夫です。基本的に何をしていても問題はありません。しかし、リラックスしていると、エネルギーを温かく感じたり、ぽわっとしたり、ぐるぐるとエネルギーを感じたり、何か見えたりする方もいらっしゃいます。

特にヒーリングのエネルギーを感じないと言う方もいますし、感じ方は人それぞれです。しかし、ヒーリングは起きていますので、ご安心して下さいね。
受ける時間帯になったら「これからヒーリングを受け取る」と意図(思う)だけで大丈夫です。

遠隔ヒーリング