レイキヒーラー養成講座

お問い合わせはこちら

レイキヒーラー養成講座

レイキとは、霊気(靈氣)と書き、自然の中にあるヒーリングパワーで、宇宙に循環するエネルギーです。
霊気療法は、日本発祥のもので、大正11年(1922年)に臼井甕男(うすいみかお)先生が名づけました。
簡単に説明すると、ヒーリングの技術を使うことにより、宇宙に循環する生命エネルギーを実践者の手を介して、受け手の体の中に流します。

一番、イメージしやすいのが、お腹が痛い子どもの体に、母親が手を当てるという仕草です。
このことにより、子どもは、安堵感に包まれ、いつの間にか痛みを忘れます。無意識に行っている行為のように思えますが、これが、レイキ療法となります。
このようにレイキは手を当てることだけで、宇宙と一体感となり、自己治癒力を高め、心、身体、魂をバランスのよい状態にしてくれます。
よくレイキは宗教だと間違えられますが、レイキには、信仰、信心、資格、素質、知識などは一切必要ありません。
レイキを受け取るための回路の調整(アチューメント)をすることで、誰にでも行うことが出来ます。
一度調整を行うと一生涯に渡り、レイキエネルギーを受け取れますし、レイキは場所を選らばないので、どんな時でも、どこであろうと行うことが出来る、とても手軽な療法です。

  • アメリカでは、ハーバード大学病院、エール大学、コロンビア大学、ニューヨーク大学をはじめ、多くの有名大学や大学病院で、医学生や看護師に向けた授業が行なわれていたり、米軍基地でも兵士への治療に取り入られたりしています。
  • 英国では、王立病院にて、レイキ療法を受ける際、医療保険が使えます。
  • インドでは、医師免許同様、医療国家資格になっています。
  • 世界中の5つ星〜6つ星ホテルのスパやエステサロンへ行くと、リラクゼーションメニューの一つとして取り入れられています。

お問い合わせはこちら

アチューンメント

レイキヒーラーとなるために手当療法の基礎を学ぶと同時に、レイキの回路を開くためのアチューンメントを行います。

アチューンメント

ファースト・ディグリー

所要時間3時間~4時間

ファースト・ディグリーでは4回のアチューンメント(エネルギー伝授の個人指導)が行われます。その結果、レイキの回路が開かれます。
そして12の基本ハンド・ポジション(手をどのように使い、置くかということ)などを学び、その日から自分自身にも、他人にも実践できるようになります。
この12ポジションにただ手をおくだけであなた自身や周りの方々へヒーリング出来る様になります。身体をやチャクラを活性化し、エネルギーをバランスよく整えられるようになります。
使えば使うほどにしっかりした光の導管が出来て行きます。
この段階で伝授を受けた後には、あなたは、たとえそのエネルギーを使わなくても、宇宙エネルギーが流れる回路(パイプ•光の導管)が出来ます

セカンド・ディグリー

所要時間3~4時間

パワーアップし、応用範囲が格段に広がるセカンド・ディグリー
(心・感情のヒーリング/遠隔ヒーリング/パワーアップ)
セカンド・ディグリーではシンボル(象徴的な図形)3つを学びます。
シンボルごとに質の違った性質のアチューンメントが3回行われます。
ファーストディグリーと比べるとシンボルを使うごとにより色々な応用範囲が広がります。シンボルの使い方でその使い道は無限にあります。
まずは、ファーストの復習とヒーリングの確認をします。

《第一のシンボル(大地、地球のエネルギー)》
パワーアップ、浄化、エネルギー活性、エネルギーの増幅の為のシンボル

◎グラウンディング(地に足をつける)をする方法や瞑想、エネルギーシールドを張る
◎怪我、痛みなどを軽減する
◎環境、建物の浄化
◎飲み物や薬品の中和
◎お金の流れをよくする
◎集中力と記憶力の高まり
◎物理的なエネルギーにとても強く働きかける事が可能です。

《第二のシンボル(月、水のエネルギー)》
ハーモニー(調和)をもたらす、障害を解消する、悪い習慣を改善するシンボル
一切の苦しみから救ってくれる阿弥陀如来のエネルギー。愛と慈悲、月と水を表しています。
精神的、感情的ヒーリングによく使われ、心を平安へと導きます。
またあなたの潜在意識と直結するシンボルでもあり、人によってはこのシンボルのアチューンメント中に何年も抱えていたり抑圧していた感情が解放されることがあります。
あらゆる物事や状況が調和をもたらし、使い続けることで自身が変化していくでしょう。

◎心因性の痛み
◎願望達成
◎あらゆる物事を調和に導く
◎相手に自分の気持ちを誤解なく伝えたい。
◎安らぎを感じる為に

《第三のシンボル(太陽のエネルギー)》
時空間を超越する、遠隔ヒーリング、トラウマ、不要なカルマの解消をするシンボル
時間や空間を越えてエネルギーを送る事が出来ます。つまり目の前にいる人だけでなく地球の裏側にいる友人にも好きなときに好きなだけエネルギーを送る事が出来ます。
また過去や未来にもエネルギーを送る事が出来ます。したがって過去のカルマの解消(心的外傷、過去に受けた心の傷によって現在制限しているもの)や未来の願望達成にも効力を発揮します。
このシンボルも応用範囲が広く多いため色々な方法で使われています。
以上の三つのシンボルを効果的に組み合わせ活用する事により

◎遺伝子にエネルギーを送ったり、
◎未来に光を送ったり
◎透視や、歴史上の人物に会ったり、紛失物を探したり
◎複数の方に時間、場所関係なく同時にヒーリング出来たり
◎インナーチャイルドの癒し
◎ハイヤーセルフをかんじたり
出来る様になります。

ヒーリングはファースト・ディグリーの半分の時間に短縮しても、同様の効果となります。
通常ハンドヒーリング(手当て・手かざし)では肉体の癒しや健康回復などをメインとして副次的な効果としては精神面などが取り上げられますが、レイキはシンボルを使うことにより肉体だけではなく、感情・精神・魂のレベルにまで働きかける事が出来ます。
『究極のハンドヒーリング』であり、無限に活性出来ます。

サード・ディグリー

(ハイアーセルフ・超意識との出会い)
所要時間3~4時間

《第四シンボル(高次元の意識と繋がる、光をもたらす、オールマイティー)》
サードディグリーでは格段とエネルギーの質が上がることから多くの人に求められています。
それはサード・ディグリーでは3回のアチューンメントによってさらに高次元のエネルギーに繋がることを学ぶからです。光、高次元の意識、ハイヤーセルフがリードしてくれます。また、著しい直感力の向上が期待出来ます。さらに、精神的覚醒、意識の拡大にも効果をあげ、慈悲の気持ちが増して行くでしょう。
そして、レイキを受講してから円滑現象が起こりますが、サードを受講してから特に起こる様になったという報告が多数あります。
日常をこのシンボルと共に過ごす事により、常にあなたの人生は高次元のエネルギーに導かれます。
そんなところからこの段階で学ぶシンボルは別名『マスター・シンボル』もしくは『臼井マスター・シンボル』などと呼ばれています。
レイキと共にマスター・シンボルを用いることにより、肉体とハイヤー・セルフの間にしっかりとしたチャンネルを開く事が出来ます。
それにより、無限の叡智があなたに働きかけるのが実感しやすくなります。
セカンド・ディグリーで学ぶほかのシンボルも含めレイキ全体の質はマスター・シンボルを使う事によって更に強力になります。レイキと共に生きる事がこのレベルの特徴になります。
さらに将来『レイキ・ティーチャー(レイキを教えることを許可され、教えること)』を目指す方にとってはその準備段階としてとても重要な段階です。

ティーチャーズ・ディグリー

(人々のレイキのチャンネルを開く方法を学びます。)
所要時間 1day(8〜9時間) または、2day(4時間×2)

レイキを人々と分かち合いたいと願う人に限定されてこの段階は手渡されます。
サード・ディグリーまでは誰でも受講できるようになっていますが、ティーチャーズ・ディグリーは一定の要件を満たした方のみに指導させていただいております。
それはレイキが素晴らしいテクニックであるからこそ健全な形で広がっていけば素晴らしと思い、一定の要件のみ付けさせていただいております。
しかし、レイキに惹かれ周囲の方たちと分かち合いたいと願われる方ならば誰でもクリアできる内容となっておりますので、レイキが氣に入ったかたは是非チャレンジして頂きたいと思います。

☆サード終了後、30人のヒーリングレポートと簡単な筆記(レポート提出あり)と面接


レイキ受講費

・ファースト・ディグリー30,000円
・セカンド・ディグリー30,000円
・サード・ディグリー50,000円
・ティーチャーズ・ディグリー100,000円
・再アチューメント10,000円

お問い合わせはこちら